葬式をサポートしてきた葬儀社の歴史

天光社(https://1000kaze.jp/)は昭和30年から現在に至るまで葬儀のサポート業務を行っています。当時の葬儀は力作業が必要となるもので、家族と葬儀社が力を合わせて準備していくことが一般的なものでした。天光社(https://1000kaze.jp/)は長年、家族と力を合わせて葬儀のサポートをしていくことの意義を十分に認識して業務に当たってきました。昭和の時代にあっては自宅で葬儀を行うことが一般的でしたが、平成の世にあたっては葬儀場で葬式を行うケースも増えてきている関係から、天光社(https://1000kaze.jp/)では自社で葬儀場を建設することを行い新しい葬儀のスタイルへの適応も行ってきました。

更には、天光社(https://1000kaze.jp/)は葬儀のサポートを全国展開に広げることにも成功しています。日本全国どこでもハイレベルの葬儀サポートを行うことを考えて、葬儀ディレクターの制度を天光社(https://1000kaze.jp/)では導入しています。葬儀に当たってはすべての事を多くの実績と経験を持った葬儀のディレクターがサポートしてくれますので、安心して葬儀を進めていくことが可能です。また、お客様の声に常に耳を傾け、サービスの質の向上を常に目指すことも考えて業務に当たっています。

一方で、多様な葬儀のスタイルに対応するために家族葬用のスペースも保有していますので、どのような規模の葬儀であっても質の高いサポート業務を達成できるようになっています。